大人ニキビができる原因とは?対策や予防法は?


ある日、突然できる顎ニキビ。

通称「大人ニキビ」の原因は皮脂量が多いせいだと思い込んでいませんか?

大人ニキビの原因は生活習慣やストレスが大きく関係しているのです。

生活を見直して、体の内側からケアできるようにまずは原因から知りましょう。

大人ニキビの原因とは?

「ニキビは皮脂が多いせいでできる」と思い込んでいる人が多いようですが、確かに10代のニキビは余分な皮脂が原因となっていることが多いです。

しかし、20代以降のニキビはオイリー肌(皮脂が多い肌)の人でなくてもできてしまいます。

額やTゾーンといった皮脂が多い部分よりも、顎などの乾燥している部分にニキビができることが大人ニキビの特徴です。

ホルモンバランスの乱れが原因

大人ニキビの多くはホルモンバランスの乱れや免疫力の低下が原因と考えられています。

免疫力が低下するとニキビの原因となるアクネ菌が過剰に繁殖し、顎などの乾燥した部分にもニキビを発生させてしまいます。

ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下を起こす原因は不規則な生活やストレスにあります。

ホルモンバランスの乱れ

大人ニキビができる最大の原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。

ニキビは毛穴が角化異常を起こして発生しますが、角化異常には男性ホルモンが関係していると言われています。

しかし、ニキビ患者さんの男性ホルモン値をはかってみても数値が高くなっていることはありません。

検査でわかるような異常ではなく、不規則な生活でわずかにホルモンバランスが乱れるだけで大人ニキビはできてしまいます。

ニキビができた時の洗顔方法

ニキビができると皮脂汚れが気になるあまり一日に何回も洗顔をしてしまいがちですよね。

メイクもしていないのにクレンジングをしてしまったり。

肌の表面の余分な汚れや皮脂を残さないことはニキビ対策の基本ですが、過剰な洗顔によって肌にあるうるおい成分を必要以上に流してしまってはいけません。

うるおい成分が不足すると肌が乾燥して肌を守るための角質が厚くなり、毛穴の出口が角質で覆われることになってしまい余計にニキビが悪化します。

ニキビが悪化しないためにも正しい洗顔方法を見直しましょう。

クレンジングはクリームタイプ

肌へのあたりが柔らかいクリームタイプのクレンジングを使用するとよいでしょう。

拭きとりタイプのクレンジングでは肌への刺激が強い為、肌へのダメージを防ぐためにも洗い流せるタイプを使用しましょう。

固形石鹸での洗顔がおすすめ

クレンジング後や朝起きた時のW洗顔は刺激が強すぎない固形石鹸をしましょう。

すっきりと皮脂の汚れを落とすこともできるので固形石鹸がおすすめです。

ニキビができた時のスキンケア

ニキビができてしまった時は化粧水や美容液で優しくケアすることが大事です。

化粧品の油分はアクネ菌の栄養源になるため、どんな種類の油分もつけすぎないことを意識してください。

油分をつけすぎない一方で水分はたっぷりと与えます。

肌が乾燥してしまうと角質が厚くなり毛穴がひどくなるためです。

固形石鹸による洗顔でしっかりと皮脂や汚れを洗い流してから、皮脂分泌をコントロールしてニキビを抑える効果のあるビタミンC誘導体配合の化粧水をたっぷりとつけましょう。

化粧水の後はヒアルロン酸やセラミド配合の油分が少ない保湿美容液でしっかりと保湿をするようにします。

ビタミンC誘導体配合の化粧水

ビタミンC誘導体には皮脂を抑えて効果の他に赤いニキビ痕を薄くする作用があります。

洗顔後に手で優しく抑えるけるように肌になじませましょう。

ヒアルロン酸やセラミド配合の美容液

ヒアルロン酸やセラミドを配合した美容液で保湿を行うと毛穴の角化異常を抑えることができ、ニキビができないように作用します。

化粧水をつける時と同様に手で優しく肌になじませるようにつけましょう。

ニキビができた時のメイク

ニキビ肌にメイクをするときは注意が必要です。

ファンデーションはクリームやリキッドタイプを使わないようにしましょう。

クリームやリキッドタイプを使わないようにする理由は、油分が多すぎたりカバー力をだすためにシリコンを多量に含むものが増えてきているため、使用すると毛穴をふさいでしまうからです。

一番良いのはサラッとしたパウダーファンデーションやルースパウダーに保湿美容液などをつけた上から直接塗るようにします。

化粧下地はニキビによくないので使わないようにしますが、ニキビの赤みが気になる人は部分的にコンシーラーを使用しても問題は無いでしょう。

ファンデーションはパウダータイプを使う

ニキビを隠すためのクリームやリキッドタイプのファンデーションを使用するとかえってニキビが悪化してしまう為、使用は控えた方がいいです。

化粧下地もよくなりませんので保湿美容液を塗った上に直接パウダーファンデーションを塗りましょう。

生理前のニキビケアについて

いくら気を付けていてもニキビができやすい時期があり、特に女性なら生理前には注意が必要です。

ホルモンバランスが乱れてしまい男性ホルモンがニキビの初期状態である角質肥厚に影響したり、黄体ホルモンが皮脂分泌を増やしてしまうからです。

洗い流せるピーリングでケア

ニキビができやすい時期にはピーリングでケアをすることがおすすめです。

皮膚の余分な角質を取ることで毛穴が詰まりにくくなり、皮膚のターンオーバーを高めることができるのでニキビ痕を予防することができます。

ピーリングにはAHAなどの専門の薬剤が配合された市販の化粧品を使用することで自宅で手軽に行うことができます。

拭きとるタイプのピーリングケアは肌への刺激が強い為洗い流せるタイプのピーリングケアがおすすめです。

ニキビができやすい箇所へまずは週1~2回程度から使用してみて、ピーリングを使ってみてヒリヒリとした痛みや肌が赤くなる場合は使用を中止するべきです。

ピーリングが終わったら直後は肌が敏感になっているため敏感肌用の化粧水を使用して、油分の少ない保湿美容液をたっぷり与えて肌の潤いを維持しましょう。

漢方薬を使用してニキビを治療

ニキビができた時は何かしらの塗り薬を使用して治療する方法を思い浮かべる人が多いです。

しかし大人ニキビの大きな原因はホルモンバランスの乱れによるものなので、できてしまったニキビに塗り薬を使用しても根本的な解決は望めません。

ニキビ用の塗り薬は直接的な解決方法ではなく補佐的な役割の為、生活の乱れを正して時には薬の力を借りて体の内側治療することを心がけましょう。

しかしニキビ用塗り薬に含まれる抗生物質は長期間使用すると副作用が心配になってしまいますので漢方薬をおすすめしたいです。

漢方薬にも多少の副作用がありますが、抗生物質に比べると副作用はおだやかだといえます。

漢方薬は早ければ2週間で効果を実感できる

ニキビ治療に使用される漢方薬はホルモンバランスを整えたり皮膚の免疫力を高めたりするものがあり、様々な種類の中からニキビ患者一人一人に合ったものを選びます。

漢方薬は体の中のバランスを整え、体がもつ治癒力を高めていく薬なので一回ニキビをしっかりと治せば再発しにくいといったメリットもあります。

漢方薬は効果が実感できるまで時間がかかるイメージもありますが、ニキビ治療の場合はそれほど期間がかかるものではありません。

早くて2週間、遅い人でも1か月程で何かしらの効果を実感できる人が多いようです。

ただし漢方薬といっても副作用が無いわけではなく、体に合わない場合は下痢や胃もたれといった症状が起きることもあるので、薬を変更するか量を減らすといったことも必要です。

心臓や腎臓に病気がある人は注意が必要な生薬あるため医師に相談してから漢方薬を使用するようにしましょう。

ニキビ痕のケア方法

ニキビ痕には「赤みが残る」「シミが残る」「陥没が残る」タイプの3種類が有り、「陥没が残る」以外のニキビ痕はケア次第では薄くしたり消すことも可能です。

しかし残念ながら「陥没が残る」タイプのニキビ跡は薄くすることはできても完全に消すことはできません。

自分で行うケアとしてはピーリングとビタミンC誘導体配合の化粧水を使ったケアがおすすめです。

ピーリングなどのケアを自分で行い続けても効果が表れない場合はクリニックなどに相談して治療してもらうといいですね。

上手に潰してニキビ痕を残さない

ニキビを潰すと痕が残ると思っている人は多いかと思います。

しかしニキビのでき初めに上手に潰すことができたら、きれいに治ることがあります。

毛穴に皮脂が詰まった状態をコメドといいますが、コメドが出来た段階でニキビの芯だけを上手に押し出すようにします。

爪で押すと雑菌が入るので「コメドプッシャー」という専用の器具を使い、お風呂上りの肌が柔らかい状態の時にやさしく押し出すことがポイントです。

しかし炎症を起こして「赤ニキビ」状態になったニキビには決して自分で触らないようにしましょう。

赤みが残るニキビ痕

ニキビができた時に炎症が起こりいつまで経っても赤みが消えないことがあります。

何年か経つと赤みが消える場合がありますが、赤みがある状態で日焼けしてしまうとシミに移行することがありますので、ビタミンC誘導体配合の化粧水やイオン導入などでしっかりとケアをしましょう。

シミが残るニキビ痕

炎症が起こったあとの赤みのあるニキビ痕が茶色いシミに変わることがあります。

時間が経てば消える場合もありますがそのまま残ってしまうこともあるので、シミを残さないためにも美白化粧水を使ったケアがおすすめです。

また手っ取り早くシミを消したい場合は専門医によるピーリングケアによって改善することもあります。

陥没が残るニキビ痕

ニキビの炎症が毛穴を壊してしまった場合に痕が残ることがあります。

いわゆる「クレーター状態」と呼ばれるもので一度できてしまうと完全に元に戻すことはできません。

専門医によるピーリングで完全に戻すことはできなくても改善を見込める場合もあります。

大人ニキビについてのまとめ

大人ニキビの始まりは毛穴の出口が厚くなる「角質肥厚」が起き、角質が毛穴の出入り口をふさぐことによって皮脂が詰まり、アクネ菌が過剰に繁殖して炎症や膿の原因となります。

角質肥厚やアクネ菌の過剰繁殖にはホルモンバランスの乱れや免疫力の低下が関係しているといわれており、ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下はストレスや不規則な生活によって起こるので、ニキビの予防や改善のためにはまずは生活を見直すことが大切なのです。

ホルモンバランスの乱れを整えるために漢方薬を用いることも効果的です。

特に重要なことは規則正しい睡眠であり以下のポイントを抑えて就寝時刻や睡眠時間を整えましょう。

 

  • 毎日同じ時間に寝起きする。
    遅くとも0時か0時30分までには就寝する
  • 毎日最低でも6時間以上は睡眠をとる。

ニキビができてしまったときのスキンケアやメイクはいつも以上に肌への刺激を抑えつつ、油分を控えてしっかりと保湿することが重要です。