大人ニキビは正しい洗顔をして防ぐ!意識することまとめ!

洗顔は日々のかかせないスキンケアのひとつですが正しい方法で続けるか、勘違いしたまま続けるかで肌の状態に差が出てきます。

洗顔の主な目的は皮脂の汚れをしっかりと落とすことであり、正しい洗顔が肌トラブルを防ぐので大人ニキビを防ぐことに繋がります。

肌の健康状態を保てるように正しい洗顔方法を確認しておきましょう。

洗顔の主な目的とは

洗顔料には「潤い成分」「ビタミンC」「保湿成分」などと様々な成分を配合したものがありますが、これらはどれも肌にいいように思えます。

しかし洗顔料に含まれている成分はすすぎの時に大半は流されてしまうため肌に残ることはありません。

「弱酸性」の洗顔料があります。

健康な状態の肌のpH値は弱酸性なので弱酸性の洗顔料は肌に良さそうですが、洗顔料を洗い流す水は中性でありすすぎ終わった時には肌は中性になってしまいます。

洗顔後に弱酸性の化粧水をつければ肌は弱酸性になるので洗顔料自体は弱酸性でなくてもかまわないのです。

「洗いあがりしっとり」をうたった洗顔料もありますが、このような洗顔料の多くは油分が多く含まれており、すすいだ後も肌に油膜の様に残るため肌がしっとりしたように思えます。

しかしその油膜のせいで洗顔後に水溶性の美肌成分をつけても浸透しにくくなり、結果的にスキンケアの妨げになってしまいます。

洗顔の目的は肌の皮脂汚れをしっかりと落とすこと。

汚れを落とすための洗浄力が自分の肌に合うものを選択して「○○成分配合」や「弱酸性」といったフレーズにこだわらず洗浄力で洗顔料を選ぶようにしましょう。

洗顔後の肌が指で触ってキュッとするくらいが皮脂汚れが落ちている目安です。

「pH値」とは?

pH値とはアルカリ性か酸性かを示す数値のことで、pH値は0~14まであり7.0が中性。

pH値が7.0より高いとアルカリ性、7.0より低いとを酸性になります。

健康な肌のpH値は4.5~5.5くらいの弱酸性であり、皮脂が多いオイリー肌の方が酸性に傾く傾向にあります。(皮脂が酸性であるため)

洗顔料は固形石鹸がおすすめ

洗顔料にはクリーム、泡、パウダーといった様々な形状のものがありますが結論から言うと選ぶべきポイントは形状ではなく成分です。

余計な成分を含まずしっかりと汚れを落とすことのできるものが最適ですが、形状によって多少の傾向が見られるため選ぶ時の参考にしてもよいでしょう。

浴用の固形石鹸を使用するのも一案です。

固形石鹸は「しっとり」をうたった洗顔料と比べて油分が少なめの為、肌に油分を残さず汚れをしっかりと落とすことができます。

浴用の石鹸では洗浄力が強すぎるという人には洗顔用の固形石鹸を選ぶとよいでしょう。

浴用の固形石鹸

昔ながらのシンプルな固形石鹸は余計なものを含みません。

肌がつっぱりすぎない適度な洗浄力で余分な油分を残さないものを選びましょう。

洗顔用の固形石鹸

乾燥肌の人には浴用の固形石鹸より洗浄力が弱めで肌がつっぱりすぎない洗顔用の固形石鹸がおすすめです。

弱酸性のものを選ぶ必要は特にありません。

クリームタイプ

肌に優しいイメージがあるクリームタイプの洗顔料ですが、しっとりタイプのものでは約30%もの油分を含むものがあるので肌に油分が残ります。

リキッドタイプ

クリームタイプと同様にしっとり系のリキッドは油分が多いものが多く、洗浄力は弱めのものが多いです。

泡タイプ

強い界面活性剤を含むものや泡を固めるために発泡剤を配合している場合があるので肌への刺激にばらつきがあり選ぶことが難しいです。

パウダータイプ

パウダータイプの中でも酵素系洗顔料は洗浄力が強めのものがあるので乾燥肌や敏感肌の人には注意が必要です。

肌をこすらないように泡立ててから洗顔をする

洗顔料は肌をこすらないように適度に泡立ててから使用しましょう。

優しく洗顔をしているつもりでもこすりすぎている人が案外多く、ニキビや毛穴の汚れを気にする人ほどこすりすぎる傾向にあります。

洗顔時の「こする刺激」によって肌荒れをまねいているのに肌が荒れた場所をさらにこすってしまうという悪循環に陥らないようにしっかりと泡立ててから洗顔をするようにしましょう。

こすりすぎない洗顔のポイントは「適度な泡」。

たっぷりとした泡は手と指の間にクッションとなり指が肌に触れることなく洗顔をすることができます。

泡の量は卵1個分程度が目安で慣れれば泡立てネット等を使わなくても素早く泡立てられるようになります。

手と手の間にクッション程度になるまで泡立てる

手に汚れや油分がついていると泡立ちが悪くなってしまう為、泡立てる前に手についている汚れや油分を落としましょう。

手のひらが濡れた状態で洗顔料を適量手に取り、少量の水かぬるま湯で数回に分けてしっかりと泡立てましょう。

泡立てネットを使うときに気を付けること

手で洗顔料を泡立てるのが苦手な人は泡立てようのネットを使うと簡単に素早く泡立てることができます。

ただし、ソフトクリームのようになるほど必死に泡立てる必要は無く、クッション程度の泡で十分です。

顔をぬらしたままいつまでも泡立てていると肌が乾燥してしまうため、泡立てはほどほどにしておきましょう。

洗顔は皮脂の多いTゾーンから洗う

洗顔の時に泡立てた洗顔料をいきなり頬に乗せる人が多いみたいですが、洗顔はTゾーン(額と鼻)から洗うことを意識しましょう。

Tゾーンは頬に比べて皮脂が多いのでしっかりと洗顔ができるように初めに洗うようにして、時間差で頬や顎などを洗うようにしましょう。

  1. 顔をぬらす
    手でよく洗ってからぬるま湯で少しぬらすようにします。
  2. 洗顔料を泡立てる
    洗顔料を手に取り、手のひらで泡立てて卵1個分くらいのキメ細かい固めの泡を作ります。
  3. Tゾーンを最初に洗う
    皮脂量の多い額から泡をのせ、泡を鼻まで伸ばしながら軽く汚れと馴染ませます。
  4. Uゾーン、目もと、口もとを洗う
    面積の広い頬に泡を転がして馴染ませてから、最後に皮膚の弱い目もと、口もとを優しく洗います。
  5. ぬるま湯ですすぐ
    ぬるま湯で丁寧に素早く泡を洗い流して、鏡を見ながら泡の流し忘れが無いかをチェックします。
    泡を完全に洗い流すことができたら柔らかいタオルで肌の水気を吸い取るように軽く押さえます。

まず最初に皮脂量が多く皮膚が厚いTゾーンに泡をのせ、面積の広いUゾーン(頬から顎)へ、そして皮膚の薄い目もと、口もと口はサッとひとなでする程度に泡を馴染ませます。

洗い始める部位を変えることで肌に泡がのっている時間に差がつき、皮脂が多い部分はよく落ち、肌が弱い部分はダメージが最小限で済みます。

洗顔料は肌にのせているだけで汚れを浮き上がらせてくれるのでこすらずに泡を馴染ませていきましょう。

泡を顔の上に転がすように広げていくと上手に洗うことができます。

冷たい水では汚れが流れにくく、熱いお湯は刺激が強いのでぬるまですすぐようにします。

泡を洗い流した後は指で肌を触って皮脂や汚れをチェック、さわってキュッというぐらいがしっかりと洗えている目安です。

皮脂量の多いTゾーンは油分が残っている可能性があるので触ってぬるっとした感触があった時はもう一度すすぎ治すといいでしょう。

すすぎが終わったら鏡を見て生え際に泡の残りが無いかを確認してから柔らかいタオルで顔を拭きましょう。

ゴシゴシと拭き取るのではなく肌の水気を吸い取るようにタオルで軽く抑えるようにします。

朝も夜もしっかりと洗顔をする

「洗顔で皮脂を取りすぎると肌が乾燥してシワになる」と思われている人が多いようですが皮脂を落とすことでシワになるのではなく、セラミドなどの肌の保湿成分が不足することによって乾燥肌の原因となってしまいます。

ちなみにシワの原因は肌の乾燥ではなくコラーゲンの減少や変性によって起こります。

洗わないスキンケアは肌老化の原因に

皮脂にも雑菌から肌を守る役割があるので落としすぎるのもよくないとされていますが、乾燥やシワを恐れてしっかりと皮脂を落とせていない人が多いようです。

しっかりと洗顔をしないと肌に余計な皮脂が残ってしまうので肌トラブルの原因となります。

「皮脂を落とし過ぎないように朝は水ですすぐだけで十分」という説もありますが、肌は皮脂を残したままだとニキビの原因になるばかりか古くなった皮脂は酸化して肌老化をまねく原因にもなり、皮脂が残っている肌に油膜を張ったような状態ではスキンケア化粧品をつけても肌に浸透しにくくなります。

洗顔は肌の汚れを取り、化粧水など肌に足すものを受け入れる基礎を作るためのケアなので朝も洗顔料を使用してしっかりと洗顔をしましょう。

季節によって洗顔料を使い分ける

皮脂の分泌量は季節によって異なり、汗をかいて大量に皮脂を分泌する夏と乾燥しがちな冬では誰でも肌の状態は異なるものです。

皮脂量の多い夏場は洗浄力が強めの洗顔料を使用し、皮脂量が落ち着く冬場はマイルドな洗顔料を使用するなど季節によって洗顔料を変えるとよいでしょう。

まとめ

洗顔の目的は皮脂をしっかりと落として肌の老化を防ぐこと!

  • 余分な物を含まず、皮脂汚れを落とす洗顔料を選ぶ(固形石鹸がおすすめ)
  • 肌を傷めない程度にクッションになる泡を作る
  • Tゾーン→Uゾーン→目もと・口もとの順に洗う
  • すすぎはぬるま湯で行う
  • 古い皮脂や油分の洗い残しがないか、指の感触で確かめる
  • 拭くときはタオルで優しく水気をとる

適度な洗浄力の洗顔料を選び正しく洗顔を行うことはもちろん、洗いあがりを確認して泡残りが無いかチェックすることも忘れず行いましょう。

洗いあがりの肌がキュッというようならしっかりと洗えている証拠、ぬるつきがある部位は2度洗いをしましょう。

普段何気なく行っている洗顔にもしっかりと意識すべき点があります。

「こすらず、手早く、しっかり落とす」ことを意識して毎日の洗顔を見直してみましょう。