夫婦の寝室を別けることでストレスが減る?メリット・デメリットを紹介

結婚をした当初は何もかも新鮮で楽しめた共同生活も、生活スタイルの違いでストレスが積もり喧嘩になっていませんか?

睡眠について問題を抱えている夫婦も多くいるみたいですが寝室を別けることでストレスが軽減されるかもしれませんよ。

寝室を別けることで夫婦の距離感が離れてしまうことや、セックスレスになる可能性もありますがメリットも多く存在します。

夫婦の寝室を別ける理由

結婚した夫婦が寝室を別ける理由は大きく分けて3種類あります。

一人の時間を大切にしたいから

夫婦といえど長年生きてきた一人の人間です。

趣味や勉強、夜更かしをしたい時などに寝室が一緒だとパートナーに気を使わせてしまいます。

一人の時間を夫婦間で作ることにより生活にメリハリができ、よりよい関係を築くことができます。

いびきや寝相の悪さにイライラ

パートナーのいびきや歯ぎしり、寝相の悪さが気になり安眠ができないことがあります。

夜中にトイレに行くときの音やちょっとした物音が気になり、寝不足が続くと体調に影響がでるため寝室をわける解決法を選びます。

小さなストレスも積み重なると大きなストレスになるので夫婦間での話し合いが必要ですね。

生活スタイルが違う

パートナーの勤務時間帯によって生活スタイルが違うことや、子供が産まれてからは夜泣き対策として寝室を別ける夫婦もいます。

就寝や起床のタイミングが違うからこそお互いに気を遣わず暮らすために寝室を別けているんですね。

寝室別けるメリット

夫婦は常に一緒に必要はありません。

寝室を別けることによって生じるメリットを紹介します。

一人の時間をとれる

寝室を別けることで一人の時間を確保することができ、自分の好きなことができるようになります。

安眠を確保できる

パートナーのいびきや歯ぎしりなどによって安眠を妨げられることがなくなり、安眠を確保できます。

気を遣わなくていい

パートナーと同じ寝室だと寝る前にスマートフォンを見ることや寝るタイミングなど、すべてに気を使わなければなりません。

寝室を別けることで自由な時間の使い方をすることができます。

寝室を別けるデメリット

寝室を別けることで生じるデメリットを紹介します。

コミュニケーションがとりにくい

寝室を別けることはすなわち夫婦が一緒にいる時間が減るということです。

必然的にコミュニケーション量は減ってしまいますので、何らかの方法でコミュニケーションをとる必要があります。

セックスレスが起こりやすい

夫婦の寝室が別という事はそれだけ性交渉を行う機会がグッと減ります。

性交渉は夫婦間のコミュニケーションの一つなので関係が冷え込む前に適度に行うとよいでしょう。

パートナーの体調の変化に気が付きにくい

寝室を別けているといびきがうるさくなった、寝相が悪くなった等の体調の管理に気が付くことができません。

寝ているときの体調に変化に気が付くことができる人は限られているので、パートナーの健康状態が気になる人は一緒に寝た方がよいでしょう。

私の体験談

結婚して約1年間、今のパートナーと過ごした私の体験談を紹介します。

私達夫婦は20代後半の男女で、この記事を書いている私は夫。

結婚をして初めの半年間程は私達夫婦は同じ寝室で就寝をしていました。

私の仕事柄、朝は毎朝5時に起きるので妻は早起きができず苦しんでいました。

特に私の携帯電話のアラームの音で起こされることが苦痛らしく、妻が目を覚まさない日は私が体を揺さぶったりして起こしていました。

今思えば妻には大きなストレスがかかっていたのでしょうね。

妻の体調が悪化する

妻が苦手な早起きを毎朝強要しているとある日、妻の体に異変が起こりました。

それは「帯状疱疹」という水疱瘡のウイルスが原因の痛みをともなう皮膚湿疹のことです。

私は早起きが普通にできる朝方人間でしたので妻の痛みに気が付くともできず、妻の体調が悪化して初めてことの重大さに気が付きました。

妻の体中にできた湿疹を見てとても後悔したことを覚えています。

「帯状疱疹」の原因を調べてみると加齢やストレス、疲労などが影響して発症するらしく、私との共同生活が妻にとって大きなストレスになっていたことに落胆しました。

同じ寝室で寝ている限り私の起床にあわせて妻を起こす必要があるので、妻の提案もあり寝室を別けてみることにしました。

寝室を別けてから快適

私の趣味はブログを執筆すること、PCで動画を見ること、バンド活動。

妻と寝室を別ける前は妻に気を遣い自分の時間を減らすことに私自身がストレスを感じていました。

寝室を別けてからは自分の時間を確保することができ、毎日自分の好きなことを好きなだけ行えるようになりとても充実しています。

夫婦仲は寝室を別けてからの方が圧倒的によくなったと感じます。

夕食時に互いの今日の出来事を話し合い、私の休日には一緒にでかけたりとコミュニケーションのメリハリが多くなりました。

妻は寝室を別けてから朝の早起きが苦痛じゃなくなったと言っています、たまに寝坊してしまいますが。

まとめ

夫婦で寝室を別けることのメリット・デメリット。私の体験談について紹介しました。

互いのライフスタイルを尊重し合い、ストレス無く快適な生活を送るためにも寝室を別けるという選択肢も悪くありませんよ。

現在、夫婦間の寝室事情でお悩みの方はぜひ一度お試しください。