コスパの良いオクターバーエフェクターまとめ!接続場所は?効果は?

コスパの良いオクターバーエフェクターまとめ!

オクターバーとはギターの原音に対して1オクターブ~2オクターブのサウンドを重ねて出力するエフェクターです。

エフェクター内部で作られるオクターブサウンドは出力を得るために歪み成分がプラスされるため、原音と同時に倍音が出力されることにより厚みのあるサウンドを奏でることができます。

スリーピースバンドのギターボーカルが使用することが多く、コードによる伴奏が無くなりがちなギターソロパートで圧倒的な存在感をだすことができるため人気です。

かつては単音にしか使用することができなかったオクターバーですが、近年では和音にも対応したペダルも登場しています。

ピッチシフターとオクターバーの違い

ピッチシフターとオクターバーはとても似ているエフェクターです。

その違いについて確認しておきましょう。

オクターバー

エフェクター・デモ演奏:オクターバー
  • アナログ回路を採用している製品もありシンプルな基本原理で構成されている。
  • 音痩せが少ない為ライブなどで使いやすい
  • 価格が安い製品が多い
  • オクターブ上下のサウンドしか作ることができない

原音に対してオクターブサウンドを重ねることができるエフェクターです。

高音域のギターソロ演奏時にぽっかり空いてしまう低音域を補うために使用されることが多いです。

ピッチシフター

エフェクター・デモ演奏:ピッチシフター
  • デジタル回路を使用しているため複雑な作り
  • 原音に対して様々な音作りが可能
  • 価格が高い製品が多い
  • 製品によっては音痩せをしてしまう

原音の音程を変えるエフェクターがピッチシフターです。

ピッチシフターは様々なサウンドを奏でることができる一方、オクターバーは上下のサウンドしか鳴らすことができません。

しかしオクターバーの太い独特なサウンドを好むギタリストも多いです。

機能面のピッチシフター、使い心地のオクターバーといったところでしょうか。

オクターバーの繋ぐ順番

オクターバーやピッチシフターなどのピッチ系のエフェクターはギターのピッチを検出するために、ギターから近い位置に接続することがよい場合が多いです。

基本的には歪み系エフェクターよりも前に置くことが多いピッチ系ですが、スイッチャーとの組み合わせによっては歪み系の後に接続することができるので自分のエフェクターボードにあった位置に組み込みましょう。

歪み系の後にピッチ系のエフェクターを置くと太いサウンドを鳴らすことができるのでおすすめです。

オクターバーを紹介

BOSS OC-3

オクターバーと言えばこれ!といえるほどロングセラーなBOSS OC-3です。

ギターだけでなくベースにも使用できるためベーシストで所持している人も多いのではないでしょうか。

オクターブをミックスしたモノラルサウンドや、原音とオクターブサウンドをステレオに振り分けることができるステレオモノラル出力なども人気のひとつです。

「OCT2」「DRIVE」「POLY」といった3種類のツマミがありそれぞれ単音、和音、歪みなどを細かく設定することができます。

「OCT2」では単音、「DRIVE」は1オクターブ下に歪みをプラスしたサウンド、「POLY」は和音を鳴らすことができ「RANGE」のツマミを調整することによってどの弦までオクターブをかけるかを設定することができる。

価格もリーズナブルなのでどのオクターブを購入しようか迷ったらOC-3を選んでおけば間違いない一品ですね。

OC-3 SUPER Octave [BOSS Sound Check]

クリーンサウンドに1オクターブ下のサウンドをプラスすることでグルーブ感が強いサウンドを生み出すことが出来ます。

細かいカッティングやチョーキングに丁寧に対応しているため使い心地は非常によさそうですね。

「DRIVE」モードの歪みオクターブはゴリゴリサウンドにぴったり。

ROCKTRON Black Rose Octaver

入力された原音に対してオクターブ下のサウンドを作り出すだすシンプルなオクターバーです。

オクターブ音のトーンはFRAGRANGEのツマミを調整することで変更することができ、ROOTスイッチを切り替えることでサウンドのキャラクターを変えることができます。

シンプルでありながら原音への高い追従性などがギタリストから支持を得ています。

シルバーボディがクールなのでエフェクターボードに入れても違和感なく溶け込みそうですね。

ROCKTRON Black Rose OCTAVER エフェクター デモ動画

FRAGRANGEを調整することで抜けのよいオクターブサウンドを出力することができ、幅広い音作りが可能になっています。

歪み系との相性もよく使いやすさも抜群。

オクターブ下のサウンドが豊富なためハイポジションで弾くことが多いギタリストに特におすすめのエフェクターですね。

ELECTRO-HARMONIX POG 2

プロギタリストの足元によく見かけるハイエンドモデルなオクターバーPOG 2です。

和音にも対応しているモデルであり、原音に対して正確なピッチ検出と弦を鳴らしてから音がでるまでのスピード感が数多くのギタリストから評価されています。

他のオクターバーとの違いは音が最大値になるまでの時間を調整する「ATTACK」やローパスフィルター、オクターブサウンドのピッチを変えるDETUNEなど細かな音作りが可能な点です。

一度作ったサウンドを最大8種類まで保存することもできるので、ギターソロで使用する音や飛び道具しての一発など使い道は様々です。

シンプルなオクターバーと比べるとやや使いにくそうな印象ですが、音作りの幅はオクターバーエフェクターの中でトップクラスですね。

Electro Harmonix POG2

高音オクターブが強調されたオルガンサウンドからシンプルなオクターブサウンド、飛び道具まで動画内で説明されています。

ローパスフィルターを調整することで低音の艶を変えることができるのでハイポジションでのギターソロで使用すると良さそうです。

POG 2を使用するとギターを弾きながらオルガンサウンドを奏でることもできるため楽曲の雰囲気をガラッと変える飛び道具的な使い方がとても印象深いです。

ELECTRO HARMONIX Nano POG

POG2をよりコンパクトかつシンプルにしたNano POGです。

ツマミの種類が「DRY」「SUB OCTAVE」「OCTAVE UP」の3種類とPOG2と比べると見劣りしますが、シンプルな構造なので直感的に使用することができます。

POG2 同様にピッチの高い検出率と原音の追従率はそのままにストロークやスイープ、カッティング、単音などの幅広い奏法に安定したオクターブサウンドを出力することができるペダルとなっています。

Electro-Harmonix / Nano POG(ギター編)【デジマート製品レビュー】

OCTAVE UPを調整することで特徴的なサウンドを作り出すことができ、他のギタリストとの差を生み出すことができます。

DRYのツマミを15時程度まで設定しておき、SUB OCTAVEやOCTAVE UPを設定すると原音とのバランスがよいサウンドになります。

コードにも対応したNano POGは使い心地やサウンドなどどこをとっても優秀ですね。

Nano POGを調整するだけではなく、ギター側のトーンを変えてみたり他の歪み系のエフェクターとの組み合わせで面白いサウンドを作ることができるので本当におすすめですね。

TC Electronic Sub N Up Octaver

TC Electronicは空間系エフェクターに定評あるメーカですがSub N Up Octaverは原音、1オクターブ上、1オクターブ下、2オクターブ下のサウンドを4つのツマミによって細かく調整することができるペダルです。

和音にも対応しているポリフォニックオクターバーなのでストロークやカッティングなどで使用することができます。

価格も2万円をきるので本格的なオクターバーが欲しい人にはぜひとも一度試してほしいですね。

TC Electronic Sub 'n' Up Octaver

2オクターブ下まで細かく設定をすることができるのでハイポジションを弾き続けるタイプのギタリストの方におすすめです。

1オクターブ上のサウンドを混ぜることで12弦ギターのような煌びやかなサウンドも演出することができる万能型オクターバーですね。

オルガンのようなサウンドも奏でることができるので楽曲の雰囲気をガラッと変える飛び道具的な使い方も面白そう。

BEHRINGER UO300 Ultra Octaver

格安ペダルのBEHRINGERから発売されているUO300 Ultra Octaverです。

太く厚みのあるオクターブサウンドが特徴的。

お求めやすい価格の為、入門用オクターバーにぴったりな一品ですね。

Гитарный эффект BEHRINGER UO 300 ULTRA OCTAVER

一番左側についているRANGEの種類によって音の太さを大きく変えることができます。

2オクターブ下までのオクターブサウンドに対応しているためギターソロ時に太い音を出したい人におすすめです。

格安ペダルの為、1弦2弦の反応が悪いなどのレビューもありますが、家で遊ぶ分には十分だと感じました。

ARION MOC1

こちらも格安ペダル、 ARION MOC1です。

格安にもかかわらず使用しているギタリストが多いARIONのオクターバーは1オクターブ下、2オクターブ下のオクターブサウンドを重ねることができ分厚いユニゾンサウンドを楽しむことができるペダルとなっています。

見た目はプラスチック製なので安いっぽいですが、意外と耐久性があるのでライブやレコーディングなどで幅広く使えます。

ARION OCTAVE/MOC-1 (Demo)

歪みサウンドにもしっかり追従してオクターブを重ねることができるのでコスパのよい製品です。

全体的に丸く温かみのある歪み感と対応していない和音を鳴らした時のグリッヂトーンを使用すると楽しそうですね。

バイパス時には少しだけ音漏れしてしまう仕様なのでスイッチャーに組み込むなどして使うことをおすすめします。

Mooer Pure Octave

超コンパクトなサイズのオクターブ、Mooer Pure Octaveです。

1オクターバー上下および2オクターブ上下に対応したペダルとなっており、合計4種類のオクターブサウンドを自由に組み合わせて使用することができます。

2オクターブ上プラス1オクターブ下といった他のオクターブペダルと違った使い方ができるのでより個性をだしたい人におすすめのペダルですね。

Mooer Audio Pure Octave

BOSS OC-3とは毛色違うタイプのオクターバーなので好みが分かれと思います。

2オクターブ上まで混ぜることができるオクターバーは珍しくのでより幅広い音作りができ、ギターソロでの存在感がより増しそうですね。

コンパクトサイズなためエフェクターボードにも組み込みやすい。

Revol effects UP OCTAVER EOT-01

1オクターバー下、2オクターバー下、1オクターバー上のオクターブサウンドをミックスすることができる格安ペダルRevol effects UP OCTAVER EOT-01です。

各オクターブはツマミによって細かく調整することができるので一味違ったギターサウンドを出力することができます。

サイズは:93.5mm (D) × 42mm (W) × 52mm (H)とかなり小型なのでエフェクターボードに組みやすい。

【RevoL effects】UP OCTAVER EOT-01 オクターバー エフェクター

値段がとても安いエフェクターにも関わらず安定した追従性と2オクターブ下まで重ねることができるペダルなので、オクターバー入門機にはぴったりですね。

見た目も鮮やかな青色なのでエフェクターボード内での存在感もいいでしょう。

オクターバーってどんな感じかと気になる方にぜひともおすすめしたい一品ですね。

まとめ

オクターバーペダルを紹介しました。

どのペダルも個性的なのでどれを選ぼうか迷ってしまいますよね。

私はMooer Pure Octaveか定番のOC-3を強くお勧めしたいですがいかがでしょうか。

オクターバーがあれば他のギタリストに差をつけることができるのでボードに組み込みたいものですね。