ギターの見た目をカーボンシールでお洒落にする!塗装無しで簡単!

長年同じギターを弾き続けてきて見た目に飽きてしまうことってありませんか?

ギターの見た目に飽きた私は過去にインレイステッカーを貼ってほんのりお洒落にして気分転換をしてみたことがあります。

インレイステッカーをギターに貼っておしゃれにする方法!演奏に影響は?
ギターの指板やボディをおしゃれに見せるインレイステッカーをご存知でしょうか。 シールを貼るだけで手軽にギターをお洒落にすることができるアイテムで、他のギターと差をつけたい人にはおすすめのアイテムです。 私もギターにインレ...

その時はそこそこ満足していましたが、しばらくするともっと根本的に見た目を変えたいと感じるようになりました。

新しいギターを買うのにもお金がかかってしまうし、かと言ってセルフで塗装を剥離して再塗装するのも難しそうですし。

そんな時に見つけたのがカーボンシールです!

カーボンシールならば再塗装をする必要も無く、手軽にギターの見た目を大きく変えることができると思い購入しました。

今まで使っていた黒のSGを黄色のSGに変更する様子をこの記事では紹介します。

スポンサーリンク

ギターの見た目をカーボンシールでお洒落にする!塗装無しで簡単!

今までは黒色のSGを使っていたのですが、見た目を大きく変えるために思い切って黄色のSGにカーボンシールを貼って変えることにしました。

私のギターは画像のようなアームはついていませんが、黒色から黄色に変えるだけでもかなり印象は変わりますよね。

ちなみに黄色以外にも青色や黒色など様々なカラーバリエーションがあります。

ギターの裏面にカーボンシールを貼る

どんな仕上がりになるか想像がつかなかったのでまずはギターの裏面にあるカバーを外してカーボンシールを貼ってみます。

ほこりや指紋汚れをしっかりと落としてドライヤーでしっかりと乾燥させました。

ネジを外してカバーにカーボンシールを張りやすくします。

カバーの形状に合わせてカーボンシールを大よその形に切っておきます。

大きくカーボンシールを切りすぎると無駄が発生するので慎重に切ることをおすすめします。

ちなみにですが、カーボンシールは熱によって非常によく伸びるようになります。

カバー部分は平面なので必要ありませんでしたが、曲面部分にシールを張る時はドライヤーが必須になります。

カバーにカーボンシールを張ります。

空気が入らないようにしっかりと指で押さえましょう。

カバーにカーボンシールを貼り付けたらカッターナイフで無駄な部分をカットします。

カッターナイフは意外と切れ味が鋭いので指を切らないように注意が必要です。

カバーにカーボンシールを貼り付けたらネジを通しておくとギターに着ける際に楽に取り付けることができます。

裏面のカバー部分にカーボンシールを貼り付けた状態です。

遠目に見ると黄色に塗装した風に見えるのでこれは使えると思い、ギター全体をカーボンシールで覆うことにしました。

ギター全体にカーボンシールを張る

黄色のカーボンシールを張る前にピックガードやボリュームノブ、ストラップピン、ブリッジといったパーツをできる範囲で外していきます。

また私の黒色のSGには過去に貼ったインレイステッカーがあったのでこちらも剥がしました。

ボリュームノブやトーンノブは強めに固定されていたのでほんの少しだけ浮かした間からシールを張ることにしました。

ピックガードもしっかりと外していきます。

ピックガードの下はピックガードをはめた状態だと見えない部分なので、こだわりがない人は雑に貼っても大きな問題はありません。

私は物凄く雑に貼ってしまいました笑

まずはボリュームノブ付近をカーボンシールで覆っていきます。

何層にも重なってカーボンシールを張っているので塗装ではだすことができない模様になっています。

実物をみると意外といい感じなんです。

ボリュームノブ付近からカーボンシールをどんどん貼っていきます。

黒に黄色はとても映えるので完成形が楽しみ。

細かい部分を張り終えたらいっきに大部分を貼っていきます。

ある程度ギターの形にそってカーボンシールを切り取っておき、空気が入らないように少しずつ丁寧に貼ると上手な仕上がりになります。

とりあえず前面は黄色のカーボンシールを貼ることが出来ました。

かなり見た目の印象が変わっていい感じですよね!

再塗装と比べると手間も少ない印象。

裏面もカーボンシールを貼っていきます。

カーボンシールの繋ぎ目が模様のようになるので計算して模様を作ってみるもの面白そう。

横面がとても難しいのでドライヤーでカーボンシールを温めて伸ばしながら貼ることをおすすめします。

上手にカーボンシールを貼ることが出来なくてもいい味がでるので私はあえて重なりを多めにカーボンシールを貼りました。

こうしてカーボンシールをとりあえずギターの前面と裏面に貼ったのですが、画像でみても濃い部分と薄い部分がはっきりと分かるのでもう一層カーボンシールを貼ることにしました。

裏面のネックの部分やヘッドの部分もカーボンシールを貼ります。

裏面ネック部分の滑らかな曲面はカーボンシールを貼ることが非常に難しいのでドライヤーでカーボンシールを暖めながら慎重にはります。

ヘッドの横の部分を貼ってからペグの部分も貼る必要を感じました。

ペグを外します。

ペグやネジは無くさないように一か所にまとめて管理しておきます。

ヘッドの裏面にカーボンシールを貼ってから再度ペグを取り付けます。

見た目がかなり変わりましたよね。

ストラップピンやブリッジ、弦などを取り付けていきます。

黄色カーボンシールを二層貼った状態のでSGです。

元々黒色のSGと思えないほどに黄色がよく乗りました。

黒色のピックガードがいい味をだしていますよね。

再塗装も無くここまで大きく見た目を変えることが出来るので今のギターに飽きた人はぜひ挑戦してほしいです!

スポンサーリンク

まとめ

カーボンシールを貼ることで簡単にギターの見た目を変えることに成功しました。

ピックアップを外すこともないので音の変化もほぼ無いですし、3時間程の作業で見た目を大きく変えることが出来たことが大きいです。

ギターにカーボンシールを貼っているだけなので出来上がりが気に入らなければカーボンシールを剥がせば元の状態に戻すこともできます。

今使っているギターに飽きてきた人はぜひ挑戦してみはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました